ペット葬儀・ペット火葬 | 東京・神奈川・埼玉・千葉 - forever-pet

Call: 03-6383-1212

ご自宅での安置方法

愛されてきたペット達の別れは非常に辛いものです。最後だからこそ勤めなければならない役目が飼い主には残されています。大切な家族が安らかに眠れるよう、お別れをしてあげましょう。葬儀とはいっても、儀式や演出にこだわる必要はありません。

まずはじめに

犬や猫の死後硬直は、2~3時間で手足から腹部、頭部といった順序で広がっていきます。亡くなってすぐであれば、前・後肢を胸の方へやさしく折り曲げてあげてください。

ペットのお通夜・ご葬儀

人間と違って動物には型式がありません。お通夜というと大げさになりますが、ペット火葬する前に自分の心が納得、満足するように充分にお別れをする事をお勧めします。お別れに必要なものは無理に揃える必要はありません。どれかひとつでもいいのです。 すべて用意が困難な場合はせめてお手紙を入れてあげてください。

ご遺体のお清め

おわかれの前に、毛並みを整え、まぶたや口を閉じ尻尾を整えておきましょう。
お湯で湿らせた布などで、頭部、顔そして全身をやさしく拭き取ります。ご遺体から体液が滲み出す場合がありますので、あらかじめシートを敷いて、口や肛門周辺をガーゼで拭き取ってください。
暑い季節は遺体の痛みが早い為、保冷剤をタオルにくるんで腹のあたりにあたるように一緒に入れます。納棺後、バスタオルはビニール袋に入れ処分してください。

  • まぶたや口を閉じお湯を湿らせた布などで頭部、顔そして全身をやさしく拭き取ります。
  • 毛並み、尻尾などをブラシで整えましょう。
  • 前・後肢が硬直する前に胸の方へやさしく折り曲げて下さい。

祭壇・納棺の準備

お通夜のために祭壇を作ります。棺にご遺体を納棺してあげます。生前愛用していた物を一緒に入れてあげましょう。写真を飾り、仏花、ローソク、御香や線香を焚いてあげます。お水と好物もお供えしましょう。遺体は、生前眠っていたときのように安らかな姿にしてあげてください。せめて一夜は見守ってあげたいものです。一晩以上お時間がある場合は、清潔にしてあげることと温度に注意してあげてください。また、ご遺体はタオルなどで包まないようにしたほうがいいです。

ドライアイスの使用方法

夏季のご遺体の保存には…
ドライアイスの使用方法
夏場や暑い時期はペットの遺体の痛みが早く進行いたします。ペット火葬・葬儀までのご遺体の冷却にはドライアイスが効果的です。亡くなられたペットの体重、ペット安置場所、ペット霊安場所や気温などにより変動いたしますが、夏期でも20時間~30時間ほど使用できます。ご遺体の腹部を中心にしながらペットのお身体全体が冷えるように配置します。ドライアイスは直接手に触れると危険です。ペットのご遺体にも直接触れないようにタオルなどで包んでから配置してください。バスタオルなどでご遺体全体を包み込むようにすれば、冷気が逃げにくく保冷効果が高まります。なお、二酸化炭素ガスの充満を避けるために、安置するお部屋は必ず定期的に換気を心がけてください。ペットの種類、お部屋の状態なども影響します。心配な方は遠慮なく電話でご相談ください。
専用のドライパックも付属していますので、 すぐにお使いいただける葬儀専用ドライアイス
個人でも10時までに電話すれば23区なら当日配送も可能
電話:03-3982-0541(大陸)にご注文ください。5kg・3280円~
東京エリアのドライアイス販売店
東京・関東の販売店案内

届出・手続きなど

犬が死亡した場合、保健所に鑑札及び狂犬病注射票を添え飼い犬登録の抹消手続きをする必要があります。狂犬病にかかった犬、あるいはかかった疑いのある犬またはこれらの犬にかまれた犬については保健所に引き渡さなければなりません。血統書のある犬の場合は、登録団体にも連絡し所定の手続きを取ります。